小田原まちあるき検定

machien6.exblog.jp

カテゴリ:メディア取材( 7 )

朝日新聞にとりあげられました

ご当地検定、曲がり角 受検者減り採算悪化、各地で中止(1/2ページ)
朝日新聞夕刊2010年10月9日10時2分

 全国でブームとなった「ご当地検定」が曲がり角を迎えている。地方の活性化策として2005年前後から各地に誕生したが、受検者の減少による採算悪化から、中止に追い込まれる検定が相次いでいる。せっかく合格した人が知識を生かす機会がないなど、一時的な客寄せだけに終わってしまうケースも少なくないようだ。

 沖縄の文化や歴史をテーマにした「沖縄大好き検定」は今秋に予定していた試験の中止を決めた。地元の大学関係者らが08年に始め、年1回実施。初回は1035人が受検したが、昨年は514人に半減していた。

 公式ガイドブックも出版し、1~3級の各合格者には認定証を発行。観光の振興や、地元の人が郷土を理解するために役立てたいという趣旨だった。だが、合格者が公的な観光ガイドとして働けるような仕組みもなく、受検する意義を打ち出せなかった。

 東京や大阪にも受検会場を設けるため、事業費は1回につき500万円程度は必要。行政の助成もなく、3年目で行き詰まった。

 ユニークさで注目を集めた検定も状況は厳しい。松葉ガニで有名な兵庫県香美町の「香住!カニ検定」も今年、姿を消した。地元観光協会などが主催。試験後に受検者全員が参加できるカニ食べ放題も話題になったが、07年から実施3回で受検者は半減。担当者は「町外へのカニの宣伝効果はあったと思うが、それ以上の展開はできなかった」。

 筆記試験を通過すると、黒豆の収穫体験などができる兵庫県篠山市の「黒まめ検定」は今年の試験実施を見送った。成績上位者は「黒まめ博士」とされるが、それ以上のメリットはない。「このまま続けても受検者数はじり貧。今年の実施はやめて、内容を見直す時間が欲しかった」と担当者はいう。

■地元観光業界が頼り

 財団法人「地域活性化センター」(東京)によると、04年に誕生した「京都・観光文化検定試験」がブームの火付け役。08年の調査では、全国で約240件の検定があった。さらに300件ほどに増えたとみられる。実施主体は地元の商工会議所や自治体が半分以上を占める。

 受検者減少は各地で共通の悩みだ。全国最大級の京都検定でも、受検者は当初の1万人強から半減した。同センターの石橋義浩・コンサルタント業務課長は「受検者の大半は地元の人。観光地として全国区の京都でさえ、頭打ちになるのは当然」と指摘する。

どの検定も、受検者減少を食い止めるためにまず頼るのは地元観光業界だ。「金沢検定」の場合、地元ホテルやタクシー業界などに、ビジネス検定としての利用を呼びかける。

 石橋課長は「合格者の活用方法が一番の課題。公的ガイドへの登用などが求められる。検定を受検する目的を明確にするのが重要ではないか」。

 03年、全国の先駆けとして始まった「東京シティガイド検定」(東京観光財団)。合格者有志がNPO法人をつくり、ボランティアで都内観光のガイドを務める。

 こうした動きとは別に、参加する楽しみに目的を絞った検定もある。年2回開催される神奈川県小田原市の「小田原まちあるき検定」は、毎回50人程度が受検。朝から町を歩いて、昼に名物を食べ、午前中に学んだことを簡単に試験して、おみやげを持って帰る。合否はない。

     ◇

 ご当地検定に限らず、地域活性化のアイデアには各地が悩み続けている。つい飛びついてしまうブームの移り変わりは激しい。

 検定の次は「ご当地ヒーロー」。その後、滋賀県彦根市のキャラクター「ひこにゃん」などの「ゆるキャラ」が乱立した。今は「B級グルメ」がブームのまっただ中。07年に始まった「東京マラソン」の成功にあやかり、市民マラソン大会も各地で盛んだ。民間シンクタンクのブランド総合研究所(東京)の田中章雄社長は「単にブームにのるだけでは、失敗が目に見えている。ご当地検定などで地域をアピールすることを、地元のどの産業の活性化に、どう結びつけるか、という明確なシナリオが求められる」と語る。(湯地正裕)
[PR]
by machien6 | 2010-10-01 00:00 | メディア取材

あしがらネットラジオに載りました!

城下町の魅力にチャレンジ 参加者募集!「小田原まちあるき検定」

 〈小田原まちあるき検定協議会〉や〈おだわらまちづくり応援団〉などは、6月6日に開く「第7回小田原まちあるき検定~城下町の初夏を楽しむ」の参加者を募集している。費用は2000円(昼食代、お土産付)。テキスト『小田原まちあるき指南帖』(既刊3冊)は1冊1500円。
 検定は〈小田原を4倍知って、楽しむ一日〉をテーマに①歩く「ガイド付きで私小説家・川崎長太郎ゆかりの地を巡る」②食す「小田原の食を堪能」③試す「3択50題の問題にチャレンジ」④楽しむ「検定結果により〈二宮尊徳級〉〈北原白秋級〉〈弥二喜多級〉の認定証と特製バッジを取得」する。
 お楽しみの昼食と検定会場は、国登録有形文化財に指定されている旧黒田長成別荘の清閑亭(せいかんてい、小田原市南町)。建物は、数寄屋風書院造りで網代天井や広縁の襖絵、茶室風の玄関など凝った造りとなっている。黒田長成(1867~1939)は、貴族院副議長を約30年間務めた。父は筑前福岡藩の最後の藩主黒田長知で、妻・清子は薩摩藩12代藩主島津忠義の娘。
 
 ■写真は小田原まちづくり応援団提供。問い合わせは、小田原商工会議所(℡0465―23―1811)へ。

 ■音声は、小田原まちあるき検定の楽しさを語る柴田彩子さん
[PR]
by machien6 | 2010-05-31 22:49 | メディア取材

カナロコ5月21日配信!


小田原まちあるき検定」実施へ、今回のテーマは「城下町の初夏を楽しむ」
5月21日11時0分配信 カナロコ


 町歩きツアーと検定試験を融合させた「第7回小田原まちあるき検定~小田原を4倍知って、楽しむ一日」が6月6日、小田原市内で実施される。テーマは「城下町の初夏を楽しむ」。申し込み締め切りは5月28日。

 知識の豊富さを競うだけでなく、城下町の観光や食を楽しむことができる、小田原ならではの検定内容となっている。小田原まちあるき検定協議会の主催。

 午前は「歩く」。主なテキストの「小田原まちあるき指南帖 参 江戸口・井細田界隈篇(かいわいへん)」に記載されたポイントを歩く。正午からは「食す」で、市内の飲食店で食にまつわる解説を聞きながら昼食を取る。

 午後1時からは「試す」。3択50問の“小田原学”に挑戦する。午後2時からの「楽しむ」では、成績上位10%を「二宮尊徳級」、次の10%を「北原白秋級」、残りを「弥次喜多級」に認定。それぞれ認定証と特製バッジが贈られる。抽選による特産品のプレゼントも準備されている。

 当日は小田原駅東口二宮金次郎像前に午前10時集合。定員50人(先着順)。参加費2千円。テキストは1冊1500円。小田原箱根商工会議所に参加費とテキスト代を添えて申込書を提出する。

 問い合わせは同商議所総務課、電話0465(23)1811。
[PR]
by machien6 | 2010-05-24 21:40 | メディア取材

神奈川新聞2008年10月13日記事より

c0110121_2164144.jpg

[PR]
by machien6 | 2008-10-13 02:15 | メディア取材

神奈川新聞 2007/11/26号

初の「まちあるき検定」に43人が挑戦/小田原

 街歩きツアーとご当地検定を組み合わせた初めての「小田原まちあるき検定」が二十五日、小田原市の中心地で行われた。市内や県内外から四十三人が参加し、まず城下町の風情や歴史に触れるツアーを楽しみ、その後に街歩きルートの中から出題されるご当地検定五十問に挑んだ。

 特定非営利活動法人(NPO法人)「小田原まちづくり応援団」とNPO法人「小田原ガイド協会」、小田原箱根商工会議所の主催。「街歩きしたからこそ分かる検定問題で腕試しをしてもらおう」と、ユニークなご当地検定を企画した。

 参加者は午前中、四班に分かれて小田原駅東口周辺や小田原城址公園内の銅(あかがね)門付近、御幸の浜海岸など三キロ近くを歩いた。ルート途中では、ガイドから歴史や名の由来などの説明を受けた。

 午後には同商工会議所(同市城内)で三択式の検定五十問に挑戦。「小田原城天守閣の最上階の棟の標高は」「江戸日本橋からどれくらいの距離か」など、数字を尋ねる問題が目立った。

 「もう少し小田原のことを知りたいと思って参加しました」という市内在住の女性(56)は、「年代ものが難しかった」と話していた。

 検定試験は、即日採点され結果を発表。トップの成績は五十問中、四十九問を正解した茅ケ崎市に住む男性(61)だった。主催者では、参加者に成績に応じた「二宮尊徳級」「北原白秋級」などの認定証と特製バッジを授与していた。
[PR]
by machien6 | 2007-11-26 00:14 | メディア取材

07年 5月6日「小田原まちあるき検定」がテレビ神奈川で紹介

「小田原まちあるき検定」がテレビ神奈川で紹介されました。

■放送時間
2007年5月6日日曜日 9時30分~10時15分
メインコーナー:午前9時45分からの20分間

■今年秋からいよいよ始まる「小田原まちあるき検定」。
昨年、神奈川県委託事業として、検定問題を200題以上作成しました。
県内県外各地から、のべ100名以上の方が参加してつくりあげた、
オリエンテーリング型の検定を目指しています。
「オリエンテーリング型の検定」?という方のために、
今回のテレビ番組では、レポーターの方に実際に問題を解きながら、
まちを歩いていただきました。
本番の「小田原まちあるき検定」にも、みなさんもぜひ参加してくださいね!!
■放送後は下記のアドレスでもチェックできるそうです。
神奈川県インターネット放送局・コンシェルジュ神奈川5月6日放送分
(相模湾沿岸の魅力ある地域づくりをご覧下さい)

TVK番組ホームページ
[PR]
by machien6 | 2007-05-06 02:16 | メディア取材

小田原まちあるき検定関連の記事です。

毎日新聞2007年11月2日記事より
小田原まちあるき検定:今月25日に初のツアー、参加者不足で締め切り延期 /神奈川
◇「隠れた観光名所多い」--主催の商議所、懸命にPR

 小田原の観光地を広く知ってもらうために企画された「第1回小田原まちあるき検定」が25日行われるが、100人の定員に40人余りの応募しかなく、主催の小田原箱根商工会議所は先月25日までとしていた申し込み締め切りを今月9日まで延期することにした。担当者は「街歩きツアーとご当地検定を一緒にした全国でも初の試み。ぜひ多くの人に参加してほしい」と懸命にPRしている。【澤晴夫】

◇歴史や文化問う3択式、50問出題

 地域の歴史、文化などの知識を問う「ご当地検定」。同商工会議所総務課の小林大悟さんは「暗記すれば解けるような問題ではなく、自分の足で見たり、聞いたりしたからこそ分かる問題を考えている」と話す。

 検定の応募には郵送か窓口での申し込みが必要だが、締め切りの10月25日までで30人しか応募がなかった。小田原市内と市外が半々で、インターネットの「ご当地サイト」で知ったという福岡や兵庫からの参加者もいる。中には締め切り日に電話をしてきたり、「友人にも勧めているので締め切りを延ばして」と求める人もいたという。

 検定試験は3択式の50問。応募者には事前に「小田原まちづくり応援団」が作成したテキスト「まちあるき指南帖」を配布。その中から一部を出題するほか、当日発表される街歩きコースから出題する。小林さんは「小田原イコールお城というイメージが強いが、隠れた観光名所もたくさんある。老舗や街かど博物館、記念碑などを訪ね、歴史や風情を感じてもらったものから出題する。ほかのご当地検定と違い、コースを毎回変えるので何回でも挑戦できる」と話す。

 25日は午前9~11時を「検定まちあるきツアー」とし、昼食をはさんで午後1時から検定を実施。受験者の上位から「二宮尊徳級」「北原白秋級」「弥次喜多級」の認定証と特製バッジを、全受検者の中から3人に当日歩いたコースの中の名産品をプレゼントする。検定料は3500円。問い合わせは検定事務局(0465・23・1811)。

神奈川新聞2007年9月13日記事より
街歩きツアーと融合のユニークご当地検定/小田原

 街歩きツアーとご当地検定を融合させたユニークな「第一回小田原まちあるき検定」が十一月二十五日、小田原市内で実施される。参加者はまず街を歩いて歴史や風情を体感し、その後に街を歩いたからこそ分かる検定問題に挑む。

 小田原箱根商工会議所とNPO法人「小田原まちづくり応援団」、NPO法人「小田原ガイド協会」の共催。街歩きツアーと、街の文化や歴史など知識を問うご当地検定を組み合わせた検定制度を企画した。

 参加者は、事前に小田原まちづくり応援団が作成した街歩きのためのテキストを配布して街の文化や歴史などを学ぶ。

 一方で、検定では街歩きツアーで歴史ある建物や隠れた名跡などについてガイドから説明を受けた内容、また実際に歩いて確かめた案内板などから問題(三択五十問)を出題する。成績に応じた認定証と特製バッジも進呈するという。

 同商工会議所では、「知識を問うだけのご当地検定とは違い、街の風情などを体感してもらう観光的な楽しむ要素を加えた」と話している。

 現在は郵送申し込みで受け付けているが、定員百人に達し次第、締め切る。検定料三千五百円。問い合わせは、同商工会議所・小田原まちあるき検定事務局電話0465(23)1811。


神奈川新聞2007年1月7日記事より
NPO法人中心に「小田原検定」作り進む/小田原

小田原にまつわる問題を解きながら、その魅力を知ってもらう「小田原検定」作りが始まった。旗振り役は特定非営利活動法人(NPO法人)「小田原まちづくり応援団」(平井丈夫理事長)。二〇〇六年度中に問題を決め、小田原箱根商工会議所などと連携して実行に移そうと構想を練っている。

 「国道1号の本町地区で国登録有形文化財の建物は?」「板橋にある街かど博物館『下田豆腐店』で取り扱っているデザートは?」「桜並木で有名な西海子小路(さいかちこうじ)から小田原城から望める場所は?」。

 同応援団は、市民団体などに地域の魅力発掘を委託する県の「相模湾アカデミー」事業に手を挙げ、検定作りを提案。〇六年九月から毎月、小田原駅前や早川、板橋などでまち歩きを行い、三択問題を百問近くリストアップした。一、二月にもまち歩きを実施し、三月中に問題を選ぶ予定だ。

 スタート時期は未定だが、商議所が春と秋に小田原駅から運行している名所巡りのバスとのタイアップもアイデアの一つ。「バス停で下車すれば答えが分かる形にできないか」と知恵を絞っており、難易度に応じて初級、中級、上級にランク分けする考えもある。

 平井理事長は「小田原は設問にできる素材が豊富。若い人が興味を示す出題方法を考えたい」としている。
[PR]
by machien6 | 2007-01-07 12:28 | メディア取材